ホーム > コンセプト

コンセプト

most+5S

more5s.jpg

more+5S

私たちオーディエーは、過去の実績や現状に満足することなく、常にワンランク上を目指しています。

食生活の多様化と食品流通の変革が進展する中、新・食文化の創造の一翼を担うためmore+5Sのテーマを掲げ、
最上級の総合フードサービスカンパニーを目標とし、アグレッシブに取り組んでいきます。

 

フルラインL.T.  (Logistic Terminal)
  • 外食業界・昼食業界の全業態のユーザーに対応できる、すべての食材をラインナップ。
  • -25℃から常温まで、食材ごとの最適温度で品質管理。
  • 普及品から高級食材を多ロットから少ロットまで安定供給。
以上のキャパシティを揃え、独自に開発したコンピュータ・ソフトで管理する、統合物流システムをフルラインL.T.とネーミング。

More Speedy

よりスピーディな物流を・・・

瞬発力のある短納期対応は私たちの心意気のひとつです。高効率・省力化でさらなるコストダウンの実現のため英和を結集。先端テクノロジーの導入や商品の入荷・保管・出荷のシステム化の改善を継続し、フルラインL.T.をパワーアップしていきます。

―私たちのモア・スピーディ

flow.jpg

物流システム

独自のコンピューターシステムによる省力化と
スピードアップを追求する物流システム。

 

多品種・多量の商品は入荷・保管・出荷まで一貫して管理しています。

多品種・多量の商品は入荷・保管・出荷まで一貫して管理しています。

本社営業部・各営業所が受注した商品は、ホストコンピュータに記録され、入荷後、検 品・保管。その間、トータルピッキングリスト・営業所別ピッキングリスト・梱包ラベルは随時、プリントアウトできます。入荷・出荷データや在庫データ等 も、ロジナビパソコンで確認します。

商品のトレーサビリティは、メーカーから原料履歴・生産履歴・輸送履歴を受け、流通のトレーサビリティと合わせて、い つでも提出可能なシステムを構築しました。

 

つねに改善すべき点を洗い出し、省力・効率を考えています

事務処理のスピードアップ・ロスタイムの軽減・ミス防止、データにもとずく商品情報、市場の変動など的確な情報サービスが提供できるのは、独自に開発したコンピュータ・ソフトシステムのインフラ整備によるものです。

し かし、現状追認ではなく、つねに改善すべき点を洗い出し、省力・効率を考えています。たとえば、ロット管理とピッキングの効率アップで冷凍室での作業の負 担を軽減するため、2層カート式保管を導入。

私たちは、まだまだ発展途上です。今日の常識が明日の非常識というベンチャー精神を忘れず、より完成度の高い システムを追求していく決意です。

consept_03.jpg

1人で入・出荷できる自走リフト

consept_09.jpg

 

buturyuu02.png

トラックヤード

PAGE TOP