ホーム > 総合フードサービスの最上級を目指して

総合フードサービスの最上級を目指して

most+5S

more5s.jpg

more+5S

私たちオーディエーは、過去の実績や現状に満足することなく、常にワンランク上を目指しています。

食生活の多様化と食品流通の変革が進展する中、新・食文化の創造の一翼を担うためmore+5Sのテーマを掲げ、
最上級の総合フードサービスカンパニーを目標とし、アグレッシブに取り組んでいきます。

 

フルラインL.T.  (Logistic Terminal)
  • 外食業界・昼食業界の全業態のユーザーに対応できる、すべての食材をラインナップ。
  • -25℃から常温まで、食材ごとの最適温度で品質管理。
  • 普及品から高級食材を多ロットから少ロットまで安定供給。
以上のキャパシティを揃え、独自に開発したコンピュータ・ソフトで管理する、統合物流システムをフルラインL.T.とネーミング。

食品安全方針

houshin1.jpg

食品の生産者と消費者を結ぶ立場である当社は、消費者に対しては、安全安心を第一義に考え商品選択を行い、生産者に対しては、商品政策に生かせる様消費者の動向を的確に伝え、食品業界全体の発展に寄与する必要性を自覚して行動致します。
 


houshin2.jpg ISO22000を精神・行動のバックボーンとして、食品の安全性に関わる意識の向上、日常活動の適正化を計ります。


houshin3.jpg

柔軟で先入観を超えた発想と変化に即応できる瞬発力、俯瞰する視野で先を読む為には、まず、ISO22000の要求する事項で足許を固めます。
 


houshin4.jpg 当社を支持して頂いているお客様に日常の活動の中で「安心・安全」を感じて頂ける様、教育・訓練・環境整備を行ないます。


houshin5.jpg マネジメントシステムが適切に運営・機能する様に、定期的監査を実施し、年一回レビューし、継続的改善を実施致します。


houshin6.jpg 各部門は、達成が判定可能な目標を設定し、具体的活動に落とし込み、一年一年、一歩一歩、お客様に満足して頂ける様致します。


2010年9月1日
オーディエー株式会社
代表取締役社長 小田英三

目次

 

1.  適用範囲 5
1.1  目的 5
1.2  適用範囲 5
2.   適用/引用規格 6
2.1  適用規格 6
2.2  引用規格 6
3.  用語及び定義 6
4.  食品安全マネジメントシステム 7
4.1   一般要求事項 7
4.2   文書化に関する要求事項 7
5.  経営者の責任 9
5.1   経営者のコミットメント 9
5.2   食品安全方針 9
5.3   食品安全マネジメントシステムの計画 9
5.4   責任及び権限 9
5.5   食品安全チームリーダー 10
5.6   コミュニケーション 10
5.7   緊急事態に対する備え及び対応 11
5.8.   マネジメントレビュー 11
6   資源の運用管理 13
6.1   資源の提供 13
6.2   人的資源 13
6.3   インフラストラクチャー 13
6.4   作業環境 13
7.   安全な製品の計画及び実現 14
7.1   一般 14
7.2   前提条件プログラム(PRP) 14
7.3   ハザード分析を可能にするための準備段階 15
7.4    ハザード分析 17
7.5    オペレーション前提条件プログラム(PRP)の確立 18
7.6    HACCPプランの作成 18
7.7   PRPを規定する事前情報並びに文書の更新 18
7.8   検証プラン 20
7.9    トレーサビリティシステム 20
7.10   不適合の管理 20
8   食品安全マネジメントシステムの妥当性確認、検証及び改善 23
8.1   一般 23
8.2   管理手段の組合せの妥当性確認 23
8.3   モニタリング及び測定の管理 23
8.4   食品安全マネジメントシステムの検証 23
8.5   改善 25
PAGE TOP